女性にとって肌トラブルはどんなものでも嫌なものですが、年齢を重ねるごとに悩みは増えていきますよね。

40代の女性が悩む肌トラブルは、シミが1位に挙がっています。

肌の乾燥や吹き出物は、すぐにとはいきませんが、比較的治すことも可能なトラブルです。
一方シミは中々消せない上に、ケアをしている間にもどんどんと増えることさえあります。

40代になったら、今までと同じシミ対策では足りないのでしょうか?

どうしたら頑固なシミを薄くすることが出来るのでしょうか?

シミ対策には、まず原因を究明しよう!

一言でシミと言っても、シミにもさまざまな種類があります。

老人性色素斑

頬骨のあたりに表れやすい薄茶色のシミ。腕や背中など、身体にも表れる。
紫外線が蓄積されて肌が老化することで表れる。
30歳前後か40代くらいで多く表れるが、紫外線を多く浴びると若い内でも表れる。
一般的にシミというと、老人性色素斑が多い。

肝斑

頬骨や額にもやもやと表れるシミ。
更年期によるホルモンバランスの乱れが原因。
30代~40代で表れやすい。

ソバカス

目元や頬骨の上、小さい茶色のシミ。
日焼けなど、肌への刺激によって表れる。
ストレス、疲労、栄養不足でも表れやすい。

細かく見ていくと、紫外線が原因のシミは他にもありますし、ニキビや蚊に刺された跡が炎症を起こしてシミになることもありますが、大きく分けるとこの3つが代表的なものとなります。

こうして見てみると、シミの多くは30代から40代で表れやすいと言えますね。

それでは、どのような対策が有効なのか、早速見ていきましょう。

40代のシミ対策とは

40代で表れるシミは、メラニンが蓄積されたものであったり、更年期であったりと一朝一夕に薄くするのが難しいものばかりです。

しかし、だからといって何も対策をしないでいると、シミは益々増えていき、一層ケアすることが難しくなります。

自分で出来るシミ対策は、日々の積み重ねが大切なのです。

日焼け対策を万全に

まずは基本中の基本、日焼け対策です。

過度な紫外線はシミを増やしていきます。化粧品や日焼け止め、帽子に日傘など、紫外線を防ぐためにしっかりと対策を講じましょう。

そして、紫外線は夏だけでも晴れの日だけでもありません。それぞれ季節や天気に応じて、しっかりとスキンケアをしましょう。

バランスの取れた食事、十分な睡眠、ストレスの緩和

身体は内側から綺麗になると言いますよね。

体調が悪いと顔がくすんだり、胃が弱っていると口周りに吹き出物が出来たりした方も多いのではないでしょうか。

また、寝不足でお化粧のノリが悪いというのも、経験した方は多いことでしょう。

シミ対策としては、まずしっかりとバランスの取れた食事をすること、そして質の良い睡眠を取ることです。

ストレスが溜まっても体調は崩しやすくなるので、リラックスする時間をしっかりと設けて、出来るだけストレスは緩和するようにしましょう。

基礎化粧品で正しいスキンケアを

間違ったスキンケアをしたり、あっていない化粧品を使ったりはしていませんか?

スキンケアの商品はたくさんありますが、シミにはメラニンを抑制する成分、保湿成分のあるものをきちんと使いましょう。

また、シミが気になるからといって、シミを集中的に触るのはやめましょう。
シミは、外部からの刺激によって起こるので、どんなにやさしくても手で触るだけで刺激は伝わります。スキンケアの時だけなど、触るのは必要最小限にしましょう。

まとめ

40代になると、肌だけではなく身体の様々なところに変化があります。
また、体調も崩しやすくなります。

肌の調子が良い時は、身体の調子も良いことが多いはずです。
毎日しっかりと身体を元気にする対策をとって、内側も外側もピカピカになりましょう。